このサイトでは、キャリーケースのレンタルについて知っておきたい情報を紹介しています。
遠出をする際に、目的や日数に合わせて自由に選ぶことができ、収納スペースを必要としないなど利便性の高さから注目を集めているサービスです。
必要な費用相場や支払い方法、どんなタイミングで頼めばスムーズなのか、延滞したときの対処の仕方などについてまとめました。
基本的なポイントを把握して、旅行や出張などに安心して活用できるようにしましょう。

遠出するならキャリーケースをレンタル!

遠出するならキャリーケースをレンタル! 遠出をする予定ができた時、キャリーケースを購入するかレンタルするか迷う人は多いのではないでしょうか。
遠出をする際に使用するキャリーケースは、一般的な耐久年数が5年程度と考えられており消耗品です。
レンタルには多くのメリットがあり、近年需要が増えています。
まず、使わない時にしまっておく収納場所が必要ありません。
自宅の収納スペースを圧迫させないだけでなく、目的や距離に合わせて何種類も購入する必要がなくなるのも魅力です。
旅行のたびに、都度最適なサイズを選択することもできます。
また、メンテナンス済みや新品を指定できるサービスで気持ち良く使用できたり、保証をかければ万が一の破損にも安心です。
遠出の機会に、流行のブランドのキャリーケースをリーズナブルな価格で便利にレンタルしましょう。

遠出の旅行でキャリーケースのレンタルがオススメの理由

遠出の旅行でキャリーケースのレンタルがオススメの理由 キャリーケースをレンタルする需要は高く、サービスの利用者は増えています。
その理由が海外などの遠出の旅行です。
海外へ仕事や観光で足を運ぶにしても大容量のケースが必要となるので、活用する方が多くいます。
購入した方がコスパ的に良いのではと考える人もいますが、キャリーケースの利用頻度と消耗具合を考えてみましょう。
海外旅行に年に何度も訪れる事は少なく、1年に1度もしくは2、3年に1度のペースとなるのでケースの利用頻度は少なく、自宅で保管をするにも場所を取ってしまいます。
空港などで積み込みなども含めて、海外ではケースを乱雑に取り扱われる事も多い為、すぐにボディが歪んだり、段差などでキャスターが簡単に壊れる危険があります。
近年では安価なキャリーケースはありますが、長く愛用するなら高価なキャリーケースを選ばなければすぐに破損してしまいます。
そういう点も全て考慮すると、使いたい時だけに利用出来るレンタルのサービスの方が、旅行先に応じたサイズを選べる便利な点と、豊富な品揃えなので選ぶ楽しみがあります。
利用をする事で購入したいメーカーやモデルを選ぶ参考にもなる為、実際にキャリーケースを使用して体感したい方にも便利です。

キャリーケースレンタルサービスの特徴とは

旅行や出張など大きな荷物を持ち歩く際に便利なのがキャリーケースですが、長期旅行向けのキャリーケースはサイズも大きく自分用に購入すると自宅に十分な収納ペースを確保できないなど、デメリットがありました。
そこで便利なのが、使いたい時だけ必要なキャリーケースを借りられるレンタルサービスの利用です。使用した後はそのまま返却するだけなので、自宅に無駄な収納スペースを使う必要がありません。
そしてこのサービスの特徴の一つに、利用する際にかかる料金のリーズナブルさが挙げられます。自分用として購入すると数万円の出費となりますが、レンタルならば3泊4日の利用なら約3,000円から5,000円前後で利用できるので、浮いたお金を旅行に充てることができるのも人気の理由です。
また取り扱いしているキャリーケースは、高級ブランドの物も多く低価格帯よりも機能性や使い心地が全く異なるので、高機能なタイプを使いたい方にも向いています。

キャリーケースをレンタルする手順はとても簡単

難しい手順無しで利用できるのがキャリーケースのレンタル、簡単な手続きで借りることができます。普段あまり使いなれないキャリーケースですが、基本の流れは好きなデザインやサイズなどを選び予約して、受け取りをして使い終われば返却です。
いたってシンプルな流れですから、難しく考えることはありません。予約をするときには電話でも良いですが、現在であればインターネットの利用が便利かもしれません。それぞれに適した種類を選ぶのが大事であり、希望条件を満たすキャリーケースを選択することです。
何時から何時まで使用するかを明確にしておき、お届け日とともに返送日、また有料ですから支払い方法も選びます。
支払いに関しては利用する会社ごと異なるものの、クレジット決済はネット利用で多い方法、受け取り時の代引きや、電子マネーなど選択肢も多いです。
予約をするとその後、ショップから発送をされるので、届いたら同封物なども確認をします。約束の期間は自由に使い、レンタル日数が経過したら返却です。

キャリーケースのレンタルは必要な時だけの単発でも利用可能

日常的に頻繁に使用することはあまりないため、自分専用を持つよりも必要な時だけ借りた方が楽です。そこで利用するべきなのがキャリーケースのレンタル、使うときだけ借りられる単発での利用もできます。
1週間や10日以上などの長期間借りることもできますし、本当に数日のみでも大丈夫です。長いあいだ使うなら購入も視野に入れたいところですが、使う期間が短かったり、購入をしてもそのあとで使う予定がないなら買うのは迷います。
いったん購入したら使わないときは、どこに置くかも課題です。ある程度の大きさがあって、保管をするにはスペースも必要になります。
だからこそ単発の利用が目的なら、キャリーケースはレンタルするのが最も賢い判断です。条件を満たす種類を選べるので、好みのデザインやカラーに大きさもチョイスして、迷っている間にほかの人に取られないように予約をします。
自宅に届いたら契約期間使い返却をする、とてもシンプルな手順で利用できるのも借りるキャリーケースです。

キャリーケースのレンタルを選ぶ時は種類・機能もチェック

キャリーケースのレンタルサービスを選ぶ際、ブランドや種類のラインナップをチェックすることが大切です。自分が好んでいるブランド、種類や形状が揃っているかどうか事前に見ておきましょう。
加えて有名ブランドのキャリーケースに関しては、料金が高くなっている可能性があるためそちらにも注意が必要です。ただ高い分、有名なブランドのケースはそれだけの高い機能が期待できるため損にはならない可能性が高いです。
キャリーケースの機能性を見て、選ぶのも良い方法と言えます。軽量なものが欲しいのであれば2輪を、取り回しが容易で快適なものを選びたいなら4輪タイプを探しましょう。
さらに軽量であった方が良い場合は、ファスナータイプをチョイスするのが良いです。海外旅行に行くために、耐久性を求めるのであれば衝撃に強いフレームタイプがおすすめです。他にもTSAロック機能付きのスーツケースは、防犯性能が高く海外旅行に持っていく上で安心できます。
このように、欲しい機能を満たしたケースが揃っているかどうかをチェックしておくことも大事です。

キャリーケースのレンタルはプランが豊富なのが魅力

キャリーケースを使いたい時に、旅行や出張の期間に合ったものでなかったり用途に合わないと何となく不便だったりストレスがたまることがありますしメンテナンスにも費用が掛かります。レンタルなら、プランも豊富で高級ブランドなどもありますし期間だけでなくいろいろなプランがあるので選びやすいのがメリットです。
キャリーケースは、いくつかの種類を用意しておくと用途に合わせて使いやすくなりますが保管場所も必要ですし頻繁に使うものでなければクローゼットで場所を取ってしまいます。
レンタルなら、使いたい時にだけ使う事が出来て場所も取りませんしネットや電話で注文ができて使い終わったら送り状を貼って返却をすれば大丈夫です。 キャリーケース選びでいつも困っているなら、次の利用の時は借りるのをお勧めします。
いろいろな業者があって、サービス内容も異なりますが自分の好みに合ったものがリーズナブルな価格で借りられるとことも多いです。

キャリーケース参考サイト

レンタル キャリー ケース